ホーム 動物対話とは 動物対話Q&A セッションについて 料金について お申込み 一般社団法人動物対話協会

動物対話をはじめよう


*動物対話とは*

*メニュー*

  動物対話とは
  動物対話Q&A
  セッションに
ついて
  料金について
  お申込み
  一般社団法人
動物対話協会
  動物対話ってなんでしょうか?

私たち人間は、「対話=会話」と思いがちですが、
動物はもちろん言葉は話せませんよね。

じゃあ、言葉を理解しているのか?というと、
一般的には、犬の知能は5歳程度、猫は2歳程度などと言われています。


つまり、

『「お手!待て!おいで」みたいな短い言葉は多少わかるけど、
難しい会話なんて無理でしょう』

というのが、世間一般的な考えだと思います。

じゃあ動物と対話することは難しいことなのでしょうか?

例えば私たちは、言葉が通じない人とは
コミュニケーションをどういう風にするでしょうか?

たとえば赤ちゃんとは?
外国人とは?


赤ちゃんだったら、お母さんは表情やしぐさをよく見たり、
泣き方の違いやトーンに気づいたり、いつもと違う様子を感じ取ったり。

外国人とコミュニケーションを図るときも、
アイコンタクトやジェスチャーなど、言葉を使わずに
コミュニケーションを図ろうとしますよね?


動物も同じです。


「ごはん食べる?」「わん」という会話だけじゃなくて、
「ごはん食べる?」しっぽぶんぶん。

も立派な動物対話です。


動物対話は「動物と会話する」ことではありません。
「動物と意思の疎通を図る」ということなのです。


動物は言葉がわからないから・・と決めつけないで、
ぜひ、言葉じゃないコミュニケーションもはかってみてください。

意外と「!(びっくりマーク)」なことを
たくさん伝えてくれるかもしれませんよ!




動物対話協会認定 動物対話士(R) 佐藤タチアナ
Mail
Copyright (C) since 2016.Tatiana Satou

inserted by FC2 system